050-5821-5704

営業時間 11:00~19:00(平日)
※ 祝日 お盆 年末年始を除く

Basic knowledge of a Bouquet

ブーケの基礎知識

ブーケをオーダーする上で知っておきたい基礎知識をご紹介。ブーケのタイプ、花材の種類からブーケの活用方法などを解説します。

ブーケタイプ

ブーケに使用される花のタイプは全部で4種類。生花が一般的ですが、式の後も思い出として保存しておきたいという方はプリザーブドフラワーを、入手しにくい花材でブーケを作りたい!という方は布や樹脂を用いて作るシルクフラワーを選ぶなど用途や目的によって選ぶことができます。

生花(日持ち:1日~2日)

生花の魅力はなんといっても自然のままの色合いや香りです。生き生きと咲き誇る花が二人の大切な日を祝福してくれるはず。季節に合わせた花を選んで、花のもつ生命力や季節感を表現しましょう。

生花のメリット:香りやみずみずしさを実感できるフレッシュな生花が一番人気。式の後も思い出に残したい場合は、押し花もしくはドライフラワーの加工を施し保存ができます。

プリザーブドフラワー(日持ち:数か月~3年以上)

保存料や染料と生花の水分と色素を交換して乾燥させたもので、生花の持つ柔らかな質感と自然な魅力を損なわずに長期にわたって保存することができます。また、染料と色素を交換することができるので現実には存在しない色の花を作ることも可能です。

プリザーブドフラワーのメリット:お水をあげる必要がないので、すぐにしおれてしまう心配がありません。寒い時期に挙式される場合や、写真の前撮りをされる方におすすめです。また、挙式後も記念としてそのまま保存ができるというのも魅力のひとつです。

シルクフラワー(日持ち:半永久的)

造花で作られたブーケです。生花より比較的安価で自由自在に希望のブーケを表現することができます。枯れることなく末永く二人の幸福を見守ってくれるでしょう。

シルクフラワーのメリット:造花なので枯れることがないのが魅力。写真の前撮り、挙式、二次会と同じブーケをもつことができるのでコストダウンもできます。また海外挙式を検討されている方にもおすすめです。

アートフラワー(日持ち:半永久的)

造花の一種で、さまざまな素材と加工方法により生花では実現できない色彩や質感、デザインを表現することができます。アーティスティックなものも多いので個性的な雰囲気を出したいときにおすすめです。

アートフラワーのメリット:花びらを一枚一枚丁寧に組み上げるアートフラワーは、デザインに自由度があり個性的で美しいブーケになること間違いないでしょう。枯れることのない造花なので、挙式のあとはそのまま飾ることができます。

ブーケの種類

ブーケの種類には豪華で美しい定番のキャスケードブーケから、かわいらしい印象の丸いラインのラウンドブーケ、取っ手のついたカバン型のバッグブーケなど様々です。ブーケの形はドレスとの相性がとても大事。ブーケの種類を確認して、相性のいい素敵なブーケをみつけてください。

ブーケの花材

ブーケの花材にはバラやガーベラなど定番の花材から個性のあるチューリップ、シャクヤクなど種類がとても豊富。お二人の思い出の花から選んだり、花言葉から選ばれても思い出に残るブーケになることでしょう。生花の場合は、季節にあった花材を使用するほど割安な場合があります。

ブーケ以外の花アイテム

ブーケ以外にもヘアードやチョーカーなどのアクセサリー小物から、会場を華やかに彩る会場装花などたくさんあります。ブーケのデザインとあわせて花アイテムを用意すると統一感がでてより一層、華やかで思い出に残る素敵な式になることでしょう。

アクセサリー小物

  • ヘアード

    ブーケの花や色に合わせて作った髪飾り。
    花嫁をより華やかに美しく、結婚式の主役として引き立ててくれます。

  • リストレット

    手首に巻くタイプの花飾り。
    ブーケやドレスに合わせて手元を彩り、華やかさをプラスします。

  • アームレット

    腕輪、腕飾りなど腕に巻きつける花飾り。
    横から見た花嫁の姿を美しく彩ることができます。

  • チョーカー

    花嫁の首元を美しく華やかに彩るアクセサリー。
    パールやラインストーンなどは煌びやかな印象を与えます。

  • コサージュ

    婦人服の胸などにつけられる花飾り。
    コサージとも。生花のものと造花のものがあり、ドレスのワンポイントとしてや和装の帯止めとしてなど広く用いることができます。

  • ブートニア

    背広など上着の襟のボタン・ホールや下襟のフラワー・ホールに挿す花。
    新郎が新婦の手にするブーケと同じ花を飾るのが一般的です。

会場装花

  • ウェルカムボード

    会場入り口横に置かれるウェルカムボードの周囲に飾る装花。
    ボードを囲むように装飾したり、写真などの横に添えたりします。

  • ドア飾り

    会場のドアに飾られる装花。
    必ずゲストの目に入るものなので会場の雰囲気やテーマに合わせて花を選びましょう。

  • 受付

    ゲストをお迎えする受付に飾る装花。
    場所をとるような大きめの装花ではなく、小さめな装花でも問題ありません。

  • ウエディングケーキまわり

    ウエディングケーキの周囲に飾られる装花。
    ケーキを囲むように添えると花畑のように華やかな雰囲気になるでしょう。

  • メインテーブル装花

    新郎新婦の座る高砂のテーブルに飾られる装花。
    もっとも注目が集まり、会場の雰囲気を決める花なので、豪華なものを選ぶとよいでしょう。

  • ゲストテーブル装花

    披露宴のゲスト卓に飾る装花。
    テーブル数分必要で、テーブルの形や大きさ、食器などと合わせてコーディネートします。

  • キャンドル装花

    キャンドルサービス後にメインキャンドルの台座またはキャンドルの根元に添えられる装花。

  • キャンドル点火棒装花

    テーブルラウンド時に持つトーチに飾る装花。
    リボンを使用することもあります。

  • ケーキナイフ・トーチ等小物

    ウエディングケーキ入刀時のカットナイフに飾られる装花。
    ケーキ入刀は結婚式の注目イベントなので装花を添えて華やかに演出しましょう。

  • 乾杯グラス用

    最初の乾杯のシャンパングラスに飾られる装花。

  • 両親用贈呈花

    披露宴終盤のクライマックスシーンで両家の両親へ贈る花束。
    会場のテーマに合わせたり、両親の好きな花を贈るのが良いでしょう。

  • 子供用花束

    両親用贈呈花の他に、甥っ子や姪っ子、友人のお子さんなどから新郎新婦へ贈られる花束。

  • フラワーアーチ(ドア上部含む)

    入り口やドアの上部などを豪華に演出するために飾られる装花。
    会場のテーマに合わせて花を選びましょう。

  • 思い出コーナー等の装飾

    新郎新婦の思い出コーナーの周囲を彩る装花。
    ゲストも楽しみにしているコーナーだけに、豪華に装飾すると良いでしょう。

  • 教会・チャペル献花(スタンドフラワー)

    教会で挙式する際、祭壇バッグ両端に飾られる装花。
    新郎新婦をはじめ参加者全員の目の先に置かれる花です。

  • 教会・チャペルベンチフラワー(チェアフラワー)

    教会で挙式する際、教会のイスに飾られる装花。
    ゲストの目の前に置かれる花なので、控え目な装花でも良いでしょう。

  • フラワーシャワー

    挙式の退場時、ゲストが新郎新婦に投げかける花びら。
    新郎新婦を祝福し、参加者も楽しめる演出になるでしょう。

  • お手洗い内装花

    お手洗い内を彩る花。
    ゲストのくつろぎスペースにちょっとした花を添えておもてなしの心を伝えましょう。

ブーケの活用シーン

ブーケは披露宴のみではなく、写真撮影時やブーケトス、挙式後に記念として保存するなど様々なシーンがで使用されます。ここではどんな活用シーンがあるのか紹介いたします。

  • ブーケトス

    挙式後に花嫁が背中を向け、ブーケを未婚女性のゲストに放り投げるという演出。
    ブーケとともに幸福のバトンタッチをする意味合いを持っています。挙式で使ったブーケとは別に、トス用のミニブーケを用意するのが一般的です。

  • ブーケプルズ

    ブーケに数本のリボンをつけ、未婚の女性ゲストに引っ張ってもらう演出。
    引き当てると幸運が訪れ次の花嫁になれるといいます。トスよりも優雅にブーケを渡すことができます。

  • 写真撮影

    前撮りや当日の記念撮影時に華やかなブーケを持つと、花嫁がより一層綺麗に映えるでしょう。本番用ブーケとは別に前撮り用ブーケを用意することもあります。

  • 押し花

    プレストブーケとも言われ、挙式で使ったブーケを押し花にして額縁に飾ることができます。記念にいつまでも残したいという方におすすめです。生花の場合は、鮮度が高いうちに業者に渡すことが望ましいです。

  • ドライ加工

    ブーケをドライフラワーにしてガラス容器に保存したものをドライ加工ブーケといいます。生花を乾燥させ、ガラス容器で密封することでより立体的な形で鮮やかなブーケを保存することができます。

ブーケの選び方

結婚式ブーケ.netでは理想のブーケに出会うため様々な検索方法をご用意しております。また実際にブーケを作るのは、その多くが業界で注目されているトップフラワーアーティストたち。季節やあなたのスタイルに合わせた、あなただけの理想のブーケと出会ってください。

  • デザインから探す

    キャスケードやラウンド、ボールなどブーケのデザインは様々。豊富なラインアップからお気に入りのデザインを見つけてください。

  • カラーから探す

    ブーケのカラーコーディネートは、自分らしい花嫁姿を演出する大切なポイント。ドレスと同系色を選んだり、反対色で鮮やかに演出するのも素敵です。

  • 予算から探す

    ブーケのお値段は、花材、デザインなど様々な要素によって変わってきます。結婚式ブーケ.netでは、ご予算で選べる幅広いブーケをご用意しています。

  • キーワードから探す

    可愛らしく、豪華に、大人っぽく…イメージ通りのブーケと出会いたい方は、キーワードから探してみてはいかがでしょうか。

  • フラワーアーティストから探す

    結婚式ブーケ.netでご紹介しているアーティストは、その多くが業界で注目されているトップアーティスト。あなたの理想のブーケを叶える、運命のアーティストを探してみませんか。

  • ドレスのシルエットから探す

    ドレスシルエットから調和のとれたウエディングブーケを探すことで、全体のシルエットバランスをよくすることができます。

  • 花材から探す

    挙式の時期にあった旬の花材を選ぶことで季節感を演出、コストダウンも可能です。またお二人の思い出の花を選ばれても素敵なブーケとなることでしょう。